お知らせ

第34回学術集会(Web開催)の閲覧方法について

 

開催期間: 2021年12月1日(水)9:30 ~ 2021年12月10日(金)17:00

開催場所: 日本ウマ科学会ホームページ 特設サイト

     (期間になりましたら下記バナーをクリックしてください。)

 

 

講演要旨: 講演要旨集はこちら

      (2021年度会員の方および11/19までに新規登録いただいた方には送付しております。)

      

注意事項: 今回の学術集会は2022年度日本ウマ科学会年会費の納付が確認できた方に、

      特設サイトのIDとパスワードを11/30にご登録アドレスへメールにて送付します。

 届かない場合は、その他(本ページ下部)をお読みください。

 

        質疑応答は、コメント機能を利用して行います。参加者から演者への質問が可能です。

      所属と名前を付してから質問(12/6まで)をお願いします。

      質問者 以外の方からもご質問やご回答を閲覧いただけます。

 

      発表スライド等の著作権は本学術集会に帰属しますので、以下のことを厳守してください。

      演題内容の保存、コピー、撮影、抜粋転用、2次利用は一切禁止です。

 

開催内容: 

  

◎ 特別講演

 

 

テーマ 『 Evidence-based parasite control ?
                Current and future approaches 』

 

 

講演者   Dr. Martin Krarup Nielsen
             (Maxwell H Gluck Equine Research Center,University of Kentucky)

 

 

 

◎ 2019年日本ウマ科学会 奨励賞受賞講演

 

 

テーマ 『 競走馬のアレルギー疾患および感染症に対する治療法の研究 』

 

 

講演者  黒田 泰輔 氏 (JRA競走馬総合研究所)

 

 

 

◎ シンポジウム

 

 

テーマ 『 東京オリンピック馬術競技での馬のウェルフェア
          - 馬の安全と安心を確保するために - 』

 

 

Part1:座談会 「2020東京オリンピック:戦い終えて今、思うこと」

 

 

 

司会・進行

北野あづさ (日本馬術連盟)

 

 出席者

戸本 一真  (JRA馬事公苑)

 

 

佐渡 一毅  (JRA馬事公苑)

 

 

福島 大輔  (STAR HORSES)

 

 

Part2:シンポジウム講演 「オリンピック馬術競技の舞台裏」

 

 

 

☆競技馬のバイオセキュリティー

 

 「東京2020大会会場内における実際」 山中隆史(JRA馬事部防疫課)

 

☆競技の獣医事とドーピング検査

 

 「2021年東京オリンピック・パラリンピックはこうして行われた」
          天谷友彦(大和高原動物診療所/乗馬クラブクレイン)

 

☆競技馬のフットケア

 

 「装蹄事情とスポーツ装蹄の実態」   藤平克彦(関東装蹄師会会長)

 

       ◎一般講演 (47演題 内 優秀発表賞5演題 1演題は辞退)

 

       ◎通常総会 (理事会の議決後資料を掲載いたします。(12/1の予定))

      (資料(一部注釈付き)をご覧いただき、必要に応じてコメント(12/8まで)をお願いします)

 

その他 : 年会費の入金が確認できた方には、ご登録いただいたメールアドレスに入金が確認できた旨の

      連絡をさせていただいております。届かない場合は、まずご自身でマイページのメールアドレ

スのご登録状況を確認願います。受信可能なメールアドレスの再登録もしくは設定をお願いい

たします。

IDとパスワードは入金が確認された方には11月30日に事務局からメールで送付いたしました。

入金されたにもかかわらず届いていない場合は登録情報を確認の上ご連絡ください。

 

お問い合わせ先:学術集会事務局 0285-39-7398 (9:00~17:00(平日のみ))