学術集会

第31回学術集会のお知らせ

     
  会 期 : 2018年12月 3日(月) 11:00より
         12月 4日(火)   9:00より 
  会 場 :
 
国際ファッションセンター(KFC Hall & Rooms)
〒130-0015 東京都墨田区横網1-6-1  (03-5610-5801)
  プログラム :    
    12月 3日(月) 一般講演、ランチョンセミナー、企業展示、JRAとの合同懇親会
    12月 4日(火)
 
一般講演、JRA・日本ウマ科学会合同シンポジウム、優秀発表賞候
補講演、2018年学会賞受賞講演、2018年奨励賞受賞講演、臨床委
員会企画 症例検討会・ランチョンセミナー・定時総会・企業展示
    なお、12月3日(月)は、第60回JRA競走馬に関する調査研究発表会が併行開催されます。 
  参加費: 会員 5,000円  非会員 7,000円  学生 2,000円(学生証をご提示ください)
          ※ 事前登録はありません。当日、受付(KFC Hall:3F)にてお支払いください。
         
   
         
 

【JRA・日本ウマ科学会 合同シンポジウム】

 (KFC Hall:12月 4日(火) 13:10ー15:40)
  座長:松田芳和(JRA馬事部)・中西信吾(日本軽種馬協会)
   テーマ:「競馬産業の国際化 ーこれまでの取組みと将来ー」
  ⚫︎日本のPartI国入りまでの道のり      山野辺 啓(JRA馬事部)
  ⚫︎(JPN)を国際ブランドに      松田 薫(日本軽種馬協会 業務部)
  ⚫︎施設面から見た各国の競馬場      高田順一(JRA施設部)
  ⚫︎安全な国際間移動の仕組みづくり      山中隆史(JRA馬事部)
  ⚫︎海外から見た日本競馬       吉田直哉(ウィンチェスターファーム)
  ⚫︎総合討論    
       
 

【2018年奨励賞受賞講演】

(KFC Hall:12月4日(火) 10:00ー10:30)
  座長:田谷一善(日本ウマ科学会副会長)
   テーマ:重種馬における子宮疾患に関する研究
   講演者:滄木孝弘(帯広畜産大学)
       
 

【2018年学会賞受賞講演】

(KFC Hall:12月4日(火) 10:30ー11:00)
  座長:青木 修(日本ウマ科学会会長)
   テーマ:馬のバイオメカニクスに関する研究
   講演者:高橋敏之(JRA競走馬総合研究所)
       
  【臨床委員会企画 症例検討会】

 

 (Room 101-102:12月4日(火) 9:00ー11:00)    
        座 長:宮越大輔(NOSAIみなみ 家畜高度医療センター)
   テーマ:馬の新生子内科疾患      
   パネリスト      
  1.滄木孝弘(帯広畜産大学)  
       高齢の母馬(輓系)から生まれた子馬の管理
  2.宮越大輔(NOSAIみなみ 家畜高度医療センター)  
       新生子馬不適応症候群の原因と治療に対する検討
  3.大久保正人(ノーザンファーム)  
       一牧場におけるHIEに対する早期診断・治療
  4.小笠原慶(NOSAIみなみ 西部家畜診療センター)
       新生子溶血症 症例報告
  5.敷地光盛(エルムホースクリニック)
       新生子における屈曲異常と甲状腺ホルモンについて
  6.遠藤祥郎(JRA日高育成牧場)
       オキシテトラサイクリン投与後に急性腎不全を発症した新生子馬の一症例
       
       
         
  【問い合わせ先】    
  ○日本ウマ科学会事務局
  【ADD】〒329-0412 栃木県下野市柴1400-4
      JRA競走馬総合研究所内
  【TEL】0285-39-7398  
  【FAX】0285-44-5676  
  【E-mail】e-office@equinst.go.jp  
  ○学術集会担当:石田信繁(JRA総研 企画調整室)  
  【E-mail】noishida@equinst.go.jp