学会の概要

会長挨拶

会長新任挨拶

青木 修

 このたび、第5代会長を拝命いたしました。1990年の学会設立以来、役員の末席に名を連ね、また学術委員会や国際委員会などの委員として永年、学会の運営に携わってきましたが、その私が今、会長という大役を引き受けるに至り、改めて身の 引き締まる思いで本学会と自身のこれまでを見つめ直しているところです。
 本学会は、「獣医学や畜産学に限らず、ウマに関する人文科学や芸術なども取り込んで、幅広い分野の会員を募り、相互に情報を発信するとともに、研究者と 実務者が一堂に会して意見を交換し、現場のニーズに対応した学術や技術の向上と普及を促進する」という趣旨の下に設立されました。これは、学会として理想 的な形態といえますが、様々な立場や領域に所属する会員たちのすべてが満足する学会活動を実現するのは大変難しいことでもあります。それでも歴代の会長を はじめ、役員各氏や関係者のご努力により、ここまで事業内容は年々充実し、ユニークな学会として着実に発展してきました。
 今また私も初心に立ち返り、諸先輩方の足跡をたどりながら、微力ではありますが、現状に即した学会運営に努力するつもりです。因みに現在、さらなる事業 充実に向けて複数の新たな施策を立ち上げ、その実現に向けて執行部一同取り組んでいるところです。会員の皆様方におかれても、本学会の発展に、なにとぞご 協力の程、よろしくお願い致します。